フラワーデザイナーの日誌を紹介しています。求人、バイト情報も多数あります。

植物広場

花屋>フラワーデザイナーの日誌>158

イラストウォーク

フラワーデザイナーの日誌

  • 2004年4月28日「ホテル編」 - 初めての担当 -
  • お昼前に美容室から呼び出しの電話がかかってきた。ヘアスタイルのリハーサルに来られているお客様が、ヘアードについて花屋さんと相談したいと言われているので、すぐに来て欲しいということだった。

    こういう呼び出しはよくあることで、ヘアスタイルとお花のバランスを美容師さんだけではなくお花屋さんにも立ち会って見て欲しいというお客様も多い。

    普通はブーケに使われている花材の中から、ヘアスタイルやドレスの色に合わせてヘアードを決めているけど、美容師さんはブーケにどんな花が使われる予定なのか分からないので、特にヘアードにこだわりのあるお客様や、

    花だけではなくリボンやビーズなどもつけたいというお客様の場合は呼び出されるのだ。今日のお嬢様はウェディングドレスとカラードレスでヘアードを共通で使いたいというご希望だった。

    ヘアスタイルはそれほど変わらないのでお花で印象を変えたいそうだ。お話を伺うとブーケのオーダーをまだいただいていなかったので、とりあえずはブーケから決めましょう、ということになった。

    最初にヘアードの話をした流れでそのまま私がブーケの打ち合わせにも出ることになり、初めて打ち合わせをすることになった。今までヘアードやブーケの変更などは日常の業務でしてきたけど、打ち合わせの段階から担当するのは今日が初めてなのだ。

    事前に何の心の準備もなく、突然打ち合わせに行くことになって最初はちょっと緊張した。でもお嬢様もお母様もお話しやすい方で、ブーケに関してもだいたいのイメージだけ伝えて後はお任せすると言っていただきとりあえずは一安心。

    前撮りが7月なのでそれまでに一度カラードレスの色をコスチュームサロン確認して、ドレスにあう薔薇を選ぶ約束をしてお別れした。

    結局ブーケはウェディングドレスとカラードレスをご兼用されることになり、ヘアードは時間的に花が披露宴の最後までもたない可能性があるので、それぞれに作ることになった。

    それにしても打ち合わせをしながら見積書にブーケの絵を描くのが難しい。簡単だけどイメージがつかめてそれなりにかっこいい絵が描けるようになりたい。

花屋|フラワー教室|造園業|グリーンクリエイター|お問い合わせ

Copyright (C) 2017 植物広場 . All Rights Reserved