フラワーデザイナーの日誌を紹介しています。求人、バイト情報も多数あります。

植物広場

花屋>フラワーデザイナーの日誌>127

イラストウォーク

フラワーデザイナーの日誌

  • 2003年7月29日「ホテル編」 - 心配の種 -
  • まだ自信がないのにとうとう試験当日がきてしまった。もう当日になってしまったら仕方がないので練習してきたことを思い出しながら自分なりに一生懸命やったけど、自分の理想の出来ではなかった。

    結果は1ヶ月以上先に出る。でも試験官の反応で通ったか通ってないかはなんとなく判ってしまうものだ。もう終わったことは仕方がないので試験会場を出てからは気持ちを切り替えねば。

    今日は休みをつぶして試験を受けて終わってからはブーケを作る予定だった。大学のころからお世話になっているフルートの先生が今週末に結婚されるのでそのブーケを作りに行くのだ。

    夏で花持ちが心配なのでプリザーブドフラワーのバラとリボンを使ったブーケを作る。でもその前に自分にご褒美だ。

    とりあえずお腹が空いてるしお気に入りのティールームでお茶しよう!と思って歩いていた途中になんとなくフラ~っと入ったお店で秋物のかわいいキャミソールを見つけて・・毎日練習がんばったんだし・・と衝動買い。

    ティールームではお茶と一緒にオーダーしたフレンチトーストが絶品だった。フレンチトーストと言えば食パンを使っているものしか見たことないけど、ここのはクロワッサンのようなパンを使っていてあつあつのトーストにはアイスクリームが添えてある。

    その上からは紅茶のシロップがかかっているのだ。あつあつのトーストと冷たいアイスクリームを一緒に食べるのが最高においしい。あー幸せ。

    すっかり元気を取り戻してからブーケを作り始めた。下準備のパーツ作りは大体済ませてあったので、後はパーツを組んでいくだけ。それでもブーケとブートニア、ヘアードを作るのに2時間はかかった。

    今回のドレスはオフホワイトのAラインなので形はセミキャスケードでプリザーブは白とオフホワイトのバラだけにした。それに幅と色が違う3種類の白とオフホワイトのリボンを使い所々にバールを散らしている。

    自分では先生のイメージに合わせて作ったつもりけど、今回は本人に見てもらう時間がなくて直接自宅に郵送するのでもし気に入らなかったとしても手直しすることが出来ない。それが何よりも心配だ。

花屋|フラワー教室|造園業|グリーンクリエイター|お問い合わせ

Copyright (C) 2017 植物広場 . All Rights Reserved