フラワーデザイナーの日誌を紹介しています。求人情報もたくさんあります。

植物広場

花屋>フラワーデザイナーの日誌>007

イラストウォーク

フラワーデザイナーの日誌

  • 2001年4月13日「花屋さんで働きたい編」 - 007 -
  • 今日から楽しみにしていた香港♪向こうに単身赴任している父の顔を見に行く・・・のは口実でおいしい中華料理をいっぱい食べて帰るのが目的なのだ(*^-^*)v。

    香港に行くのは一年ちょっとぶりくらい。実は小学校二年生から中学一年まで父の仕事の都合で香港に6年くらい住んでいたことがある。子供のころの思い出がたくさんある国なので旅行に行くというより帰るという感覚だ。

    どこに行っても人だらけでごちゃごちゃした街並み、狭いし車が多くて空気もいいとは言えないけど私にとってはとても大切な国。きっとおばあちゃんになるまで何度も遊びに来るだろうな・・・と思った。

    香港の若い男性はよく花を贈る。日本人の男性は女性に花を贈ることってあんまりないと思うけど、香港では彼が彼女の誕生日なんかによく花をプレゼントすることが多い。

    例えば彼女の誕生日が仕事をしている時なら職場に堂々と花を配達させる。それも昼休みみたいに人が少なくなる時はわざと避けて、みんながオフィスにたくさんいる時間帯を狙って配達させると聞いたことがある。

    それが一種のステータスというか自慢しぃというか・・・。ちょっとうらやましい習慣だ。

    そんな香港の花屋さんをのぞいてみたくて「フラワーマニア」という花屋さんに行って見た。たまたま父のアパートにその店からダイレクトメールが届いていてとても素敵なので行ってみることにした。

    香港島のセントラルというオフィス街のビルの一階にお店はあった。店頭では生花のほかに花関連のグッズも販売されている。聞いてみるとオーナーは香港人。でもグッズはヨーロッパから輸入されたものがほとんどだ。

    アロマオイル、石鹸、キャンドルから花柄のフォーク、ナイフ、スカーフ、クッションなど種類も豊富で見ているだけでも楽しい。せっかく行ったので花びら入りのジャム3個セットになっているものを買ってみた。

    バラとジャスミン、スミレのジャム♪日本に帰ってさっそく紅茶に入れて楽しんだ。温めたティーカップにバラのジャムを少し入れて後から紅茶を注ぐとカップの中のジャムが溶けて花びらがフワッと浮かび上がってくる。

    見た目も楽しいし紅茶の香りと一緒にほのかにバラの香りもしてちょっと優雅なティータイム♪楽しみがひとつ増えた。

花屋|フラワー教室|造園業|グリーンクリエイター|お問い合わせ

Copyright (C) 2017 植物広場 . All Rights Reserved